日本代表 ブラジルに手も足も出ず完敗(コンフェデレーションズカップ)

サッカーのコンフェデレーションズカップ開幕戦。

日本代表がブラジル代表と対戦しましたが、
なすすべなく0-3で完敗。
ブラジルとの力の差をまざまざと見せつけられた試合でした。



今回は経験を積むために参加するのではなく、
優勝するために参加すると言っていた
エース本田の発言に代表されるように
日本代表は本気で世界と戦えると感じていたんだと思います。

それを考えれば、今回の敗戦は数字以上に
開きを感じた試合になったのではないでしょうか?


開始早々のネイマールのミドルシュートで失点すると、
その後は一方的なブラジルペース。

日本にもチャンスがなかったわけではないですが、
セットプレーや、苦し紛れのプレーから生まれたものが多く
勝利を期待させるようなチャンスではなかったです。


本田が徹底的にマークされ、
香川を活かすことができないチームでは
為す術はなかったのでしょう。


日本のスタイルが全く作れなかったことは
敗戦のショック以上に深刻な問題だと考えるべきです。

つまり日本は世界レベルのチーム相手では、
通じないことが明らかになってしまったからです。

高い個人技、早いプレスで攻められると
日本の脆さが露呈しますね。


選手のポジショニング、パスの強弱、コントロール、ダイレクトプレーの有無、
といった要素全てが不十分だったからそうなったわけですが、
今大会でいきなり修復できるものでもないでしょう。


本番のW杯に向けて、
修復しなければならない点をしっかりと把握し、
本番までに修復できるように活かして欲しいと思います。



この調子だと、残りの2試合
イタリア戦はもうちょっとやれそうな気はしていますけど、
メキシコ戦も厳しい試合になるのではないでしょうかね?


決勝トーナメントに進むには、
残り2試合を勝たないと厳しいと思うんですけどね。


ザッケローニはどういう戦術で残り2試合に臨むんでしょうか?
もう負けられないだけに、ここでの采配に期待したいところですけどね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック