色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹


村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が
早くも話題になってますね。


「1Q84」以来、三年ぶりの書き下ろし長篇小説の今作品。
すでに発行部数100万部を突破したんだとか。

発売初日には行列ができるほどの人気でしたので、
もう売り切れになっているかと思いましたけど、
楽天市場で確認すると在庫はありました。

売り切れてしまう可能性もありますので、
興味ある方は、早めに購入したほうがいいかも?




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック